本文へスキップ

リトミックで幼児の成長を見守ります。リトミック研究センター認定教室、千葉音楽アカデミー

電話でのお問い合わせはTEL.0120-888-745

〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-25-1 竹久ビル3F

リトミック音楽科rythmique

リトミックとは?

リトミックは楽しく音楽と触れ合いながら基本的な音楽能力を伸ばすとともに、身体的、感覚的、知的にもこれから受けるであろうあらゆる教育を充分に吸収し、それらを足掛かりに大きく育つための基礎づくりをする教育です。

幼児が見て・聴いて・感じて、自分が考えたことを体全体で表現することを基本としています。
決められた振り付けと音楽で繰り返し行うお遊戯・体操とは異なり、自己表現能力を身に着けることが大きな目的です。


目標

リトミック教育は幼児が聴いて見て→感じて(受け入れて)目標イメージ→考えて→即時的に反応して動き→頭脳に身体にそして心に蓄積をして行きます。
・即時反応力 リトミックではわかったことをわかったよう
       に表現することを即時反応力といいます。
       音楽を聴き即時的に反応し表現することで素
       直な心と同時に強い意志を育てます。
・自己表現  音楽を聴いてイメージし、思った通りに表現
       することを一つの習慣となるように育てます。


・知性・知恵 知識教育は水、人間教育はコップとしましょう目標イメージ
       幼児期に大切なのは小さなコップに沢山水を
       注ぐよりも将来に備えコップを大きくするこ
       とです。(知識教育・人間教育)
・リズム感・音感 全身でリズムや音を感じ取り、演奏した
       り行動表現したりします。
・集中力・思考力・共感力・社会性・エネルギーを出す力
       そして何よりも楽しむ心が育ってくれること
       がアカデミー一同の願いでもあります。


リトミックの歴史

リトミック仏 rythmique、英 eurhythmics,ユーリズミックス,ユーリトミクス)とは、19世紀末から20世紀
初頭にかけて、新教育運動の絶頂期にウィーン出身のスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック
ダルクローズが開発した音楽教育の手法で「ダルクローズ音楽教育法」ともいいます。E・J・Dalcroze(1865-
1950)は運動を通じて音楽を学び経験するという、音楽学習の方法論の一つであるリトミックを発展させました。

ダルクローズは、楽器の演奏訓練を早期から闇雲にやらせるのではなく、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ってみる、音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを身体全体で味わわせ、その喜びの中で、音を出し、奏で、そこから旋律を作っていくことへの興味と音感を育んでいこうとしました。


information

千葉音楽アカデミー

〒260-0033
千葉県千葉市中央区春日2-25-1 竹久ビル3F
TEL.0120-888-745
FAX.043-248-2442